快適な空間|治安の良い場所を選ぶように意識する│不動産探し

治安の良い場所を選ぶように意識する│不動産探し

快適な空間

部屋

気密性や断熱性の高い一戸建てが良しとされています。省エネが叫ばれる現代では、住宅にも省エネ性が求められるようになりました。この流れは数年で衰えると言うものではなく、むしろどんどん加速していくと考えられています。 昔の一戸建ては、気密性や断熱性が低いものばかりでした。当然、熱や冷気は逃げやすく、冷暖房を切るとすぐ室内の温度が上がったり下がったりします。一方で、気密性や断熱性の高い一戸建ては、熱や冷気が逃げにくいので、冷暖房を長時間使用する必要はありません。 地球環境にも優しいですし、家計も助かります。気密性と断熱性についてしっかり考え、快適な居住空間を確保しようとする人が、今後はさらに増えていくでしょう。

一戸建ての断熱方法には、充填断熱と外張り断熱があります。一般的とされているのは充填断熱で、コストが安いと言うところから人気が高いです。 しかし、充填断熱は、湿気が家の中に入らないように防湿層を連続させる必要があります。職人の腕によって仕上がりに差がでやすいので注意しましょう。高い技術と知識を持った職人にやってもらうことです。 外張り断熱は、柱の外側に断熱材を張るので、どうしても壁の厚みが増します。狭い敷地で、隣地から外壁までの距離が決められている場合は、注意しなければいけません。また、外張り断熱は充填断熱よりもコストが高いです。コストをかけてまで外張り断熱にする必要があるかどうかはしっかり考えましょう。